カテゴリー別アーカイブ: Ruby on Rails

railsをMySQLに接続する際、MySQLにユーザを作成する必要がありますか?

あります。MySQLにログインした状態で
下記のコマンドで作成できます。
下記の場合、kkaammii55 というユーザ名が作成され、
そのパスワードは kami5pas となります。

create user 'kkaammii55'@'localhost' identified by 'kami5pas';
grant all on *.* to 'kkaammii55'@'localhost';

以上のようにユーザを作成したら、
database.yml 内のすべての箇所の

  username: kkaammii55
  password: kami5pas

をMySQLに合わせて修正しておきましょう。

Windowsにrailsをゼロからインストールする方法を教えてください

下記の手順でインストールできます。

●ダウンロード

http://rubyinstaller.org/

にアクセスする。

赤いダウンロードボタンを押して、
Ruby 1.9.3-p429
をクリックし、ダウンロードする。

ダウンロードしたexeファイルを
Windowsにインストールする。(ダブルクリックで実行する)
インストール時の注意点は下記のとおりである。
・インストール先フォルダの場所および名前はデフォルトのまま変更しない。
・Add Ruby executables to your PATH にチェックを入れる。
 (日本語では「Rubyの実行ファイルへ環境変数PATHを設定する」にチェックを入れる。)

●RubyGemsの更新
Windowsでコマンドプロンプトを開いて下記コマンドを実行する。

gem update --system

補足:gemとは?
gemとはRubyで利用できるモジュールのこと。
あらゆるアプリケーションがgemとして提供されており、
Rubyのアプリケーションは、さまざまなgemを取り込むことで
処理(サービス)を実現している。

続いて、下記を実行する。

gem update rake

→ y を入力する。

●Development Kitのインストール

http://rubyinstaller.org/downloads/

にアクセスし、
DEVELOPMENT KIT

DevKit-tdm-32-4.5.2-20111229-1559-sfx.exe
をダウンロードする。

ダウンロードした exe ファイルを実行する。
解凍先は、デフォルトではなく
C:\DevKit
を指定する。

コマンドプロンプトから

\DevKit\devkitvars

を実行する。
Adding the DevKit to PATH…
と表示されることを確認する。

続いて、コマンドプロンプトから

gem install json --no-ri --no-rdoc

を実行する。

Successfully installed json-1.8.0

と表示されることを確認する。

●railsのインストール

gem install rails --version="~> 3.2.9" --no-ri --no-rdoc

を実行する。
完了(コマンドプロンプトが返ってくるまで)に数十秒かかる。

●作業用フォルダの作成

Cドライブ直下に
develop
というフォルダを作成し、
コマンドプロンプトで
develop
に移動する。
(今回は develop というフォルダ名にしたが、任意の名前をつけてよい)

●railsアプリの作成

rails new yamato --skip-bundle

を実行する。yamato がアプリ名となる。アプリ名は任意の名前をつけてよい。
実行が完了すると、
develop
直下に、yamato というフォルダが生成され、
その中に、各種ファイルが生成される。

●bundle installの実行
コマンドプロンプトから
cd yamato
にて、yamatoフォルダに移動する。
そして、

bundle install

を実行する。

●railsサーバの起動
フォルダ yamato 内にいる状態で、
コマンドプロンプトにて

rails s

を実行すると、ウェブサーバが起動する。
Windowsのファイアウォールブロックが表示されるので
「プライベートネットワーク」にチェックを入れて
「アクセスを許可する」をクリックする。

ブラウザで

http://localhost:3000/

にアクセスする。

Welcome aboard

と表示されたら、成功である。

以上