メルカードの審査落ちはブラックリストが原因?審査基準や対処法についても解説

メルペイポイントの使い方は?利用するメリットや注意点まで詳しく解説

「メルカードで審査落ちした理由を知りたい」と考える人もいるのではないでしょうか。

結論を言うと、メルカードは信用情報をチェックしないため、信用ブラックの人でも発行でる可能性があります。

今回は、メルカードの審査落ちの原因を詳しく解説します。審査基準や対処法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

メルカードの審査落ち原因

メルカードの審査落ち原因は、以下の2点が考えられます。

 

  • メルカリ・メルペイをあまり利用していない
  • メルペイスマート払いや定額払いの滞納がある

順番にみていきましょう。

メルカリ・メルペイをあまり利用していない

メルカードは、メルカリ・メルペイを利用していないと審査落ちする可能性があります。

なぜなら、メルカードの審査は独自の基準をもとに行われており、メルカリ・メルペイの利用実績も審査内容に含まれているためです。

メルカードにおいては、利用実績が最も重要視されます。

審査時にメルカリ・メルペイをよく利用しているか、過去に不正行為がなかったかをチェックし、信頼できる人物かどうかを判断します。

そのため、信用情報が原因で他のクレジットカードに落ちた人や無職の人でも、メルカリユーザーであれば審査に通過する可能性があります。

メルペイスマート払いや定額払いの滞納がある

メルペイスマート払いや定額払いの滞納があると、審査の通過ができません。

支払いの滞納が続いた場合、メルカリが使えなくなる、スマート払いや定額払いが利用できなくなるといったペナルティがありますが、同時にメルカードの審査にも影響します。

遅延を繰り返したり、長期間滞納したりすると、支払い能力が低い人とみなされるためです。

また、延滞した記録は、信用機関に「異動情報」として残るため、他のクレジットカードの審査にも影響する可能性があります。

メルカードの再申し込み審査を通すコツ

メルカードの再申し込みは、審査落ちしてから数ヶ月あけるのが望ましいです。できれば6ヶ月ほどあけると良いでしょう。

再申し込み審査を通すコツは、メルカリの利用実績を増やすことです。

再申し込みまでの期間に、メルカリの取引回数を増やし、ユーザー評価を「良い」のまま維持してください。

利用実績が増えることで審査に通りやすくなるだけでなく、利用限度額やポイント還元率が増えるメリットもあります。

きちんと支払い延滞を解消してメルカリの利用に問題がなければ、再審査は通りやすくなります。

メルカードで審査落ちした時の対処法

メルカードで審査落ちしてしまったなら、後払いアプリの利用を検討しましょう。後払いアプリとは、決済に必要な金額を即時にチャージし、支払いは翌月以降にできるサービスです。

リアルカードが発行できるものを選べば、メルカードのように実際の店舗で使用可能です。リアルカードがあるおすすめの後払いアプリを3つ厳選し、それぞれの後払いサービスの特徴を表にまとめました。

類似サービスPaidyバンドルカードKyash
年齢制限満18歳以上
(20歳未満は保護者の同意要)
満18歳以上満18歳以上
本人確認SMS認証(分割払いは本人確認書類・顔写真撮影要)SMS認証(リアルカードプラスの発行は本人確認書類要)不要
審査都度審査あり都度審査あり都度審査あり
支払い期限翌月10日翌月末翌月末
支払い方法口座振替・コンビニ・銀行振込コンビニ・セブン銀行ATM・ネット銀行・銀行ATM(ペイジー)口座振替・Kyash残高・コンビニ
利用上限審査によって変わる1回につき3000円〜上限金額(最大5万円)まで3000円〜5万円
後払い手数料口座振替:無料、コンビニ払い:390円(税込)銀行振込:金融機関による510円〜1830円(税込)500円〜1800円(税込)

Paidy(ペイディー)は3・6・12回分割払いが可能

年齢制限満18歳以上
(20歳未満は保護者の同意要)
本人確認SMS認証(分割払いは本人確認書類・顔写真撮影要)
審査都度審査あり
支払い期限翌月10日
支払い方法口座振替・コンビニ・銀行振込
利用上限審査によって変わる
後払い手数料口座振替:無料、コンビニ払い:390円(税込)銀行振込:金融機関による

Paidyは、株式会社Paidyが運営する後払い専用の決済アプリです。当月に決済した金額を、翌月の10日までに口座振替やコンビニ払いで支払います。

Paidyの最大の特徴は分割払いができることです。3・6・12回後払いが手数料無料(口座振替、銀行振込のみ)で利用でき、高額の買い物をする時や手持ちの現金はないが欲しいものがある時に大変便利です。

また、加盟店にはAmazonやSHEINなどの利用者が多い店舗が揃っているため、特にネットショッピングを良くする人には使い勝手が良いでしょう。

あらかじめ予算設定をすることで、設定金額を超えると通知で知らせる機能がついており、使いすぎ防止にも役立ちます。

バンドルカードはVISAブランドで幅広く使える

年齢制限満18歳以上
本人確認SMS認証(リアルカードプラスの発行は本人確認書類要)
審査都度審査あり
支払い期限翌月末
支払い方法コンビニ・セブン銀行ATM・ネット銀行・銀行ATM(ペイジー)
利用上限1回につき3000円〜上限金額(最大5万円)まで
後払い手数料510円〜1830円(税込)

バンドルカードは、VISA加盟店で使えるプリペイドカードです。基本的な使い方は事前チャージ方式ですが、チャージした金額を後払いにすることも可能です。

バンドルカードの後払いサービスは、「ポチッとチャージ」と呼ばれ、ひと月に何回でも申し込むことができます。ただし、審査が必要で、18歳以上でないと利用ができません。

審査に必要な項目は氏名・生年月日・メールアドレス・電話番号のみなので、気軽に申し込みできるでしょう。

また、あらかじめ決めた金額をチャージしてから支払うので、クレジットカードのようにいつの間にか使いすぎていたという心配がありません。また、支払いごとにスマホに通知が届くため、利用明細をすぐにチェックすることが可能です。

世界中のVISA対応店舗で使えるので、普段の買い物で不自由なく使いたい人におすすめです。

Kyash(キャッシュ)は最大1%分のポイントを還元

年齢制限満18歳以上
本人確認不要
審査都度審査あり
支払い期限翌月末
支払い方法口座振替・Kyash残高・コンビニ
利用上限3000円〜5万円
後払い手数料500円〜1800円(税込)

Kyashは事前チャージタイプのスマホ決済アプリですが、「イマすぐ入金」という機能を使うことで、チャージした金額を翌月末に後払いが可能です。

Kyashでは、支払った金額の最大1%分のポイント還元が受けられます。1ポイント=1円でKyash残高に入金できるため、

審査落ちしたら、メルカリの利用実績を積んで再審査or後払いアプリを検討しよう!

メルカードの審査落ちについて、原因や対処法について解説しました。再審査を申し込むなら、審査落ちから数ヶ月は期間を空けましょう。待機期間は、以下の2点を行うのがコツです。

  • メルカリ・メルペイの利用実績を増やす
  • 支払いの滞納を解消する

特に、メルカリ・メルペイの利用実績を増やすことが重要です。同時に、対処法として後払いアプリの利用も検討しましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、ウルトラペイ後払いの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次