メルペイはクレジットカードに対応している?チャージ方法から注意点まで解説

メルペイはクレジットカードに対応している?チャージ方法から注意点まで解説

メルペイは、メルカリやスマートフォン決済を利用する人にとても便利なサービスですが、クレジットカードを登録してチャージすることができません。しかし、わざわざクレジットカードを登録しなくても、クレジットカードのようにあと払いすることが可能です。

この記事を読むことで、クレジットカードがない人や、手元に現金やメルペイ残高がない人でも、今すぐお買い物を楽しむ方法がわかります。支払いは、お買い物をした翌月の末日まででOKです。

クレジットカードを利用しなくても便利なチャージ方法、注意点も詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

メルペイではクレジットカード払いには未対応

先述した通り、クレジットカードを利用してチャージすることはできません。まずはメルペイの基本情報を確認してから、クレジットカードに代わる便利な「あと払い」ができるサービスを解説していきます。

そもそもメルペイとは?基本情報をチェック【クレジットカードが使えなくても便利】

メルカリアプリをダウンロードするだけで、スマホ決済を利用することができる「メルペイ」

メルペイは、日本全国のコンビニ、飲食店、ドラッグストアなどのお店やネットショッピングに対応しており、さまざまなシーンで役立つ存在となっています。さらにはメルカリの売上金を利用したショッピングや、登録した銀行口座またはコンビニのATMから手軽にチャージすることが可能です。

支払い方法は、「iD決済」と「メルペイコード決済」の2種類があり、全国に174万か所以上あるメルペイの加盟店でお買い物を楽しむことができる、便利なスマホ決済サービスです。

クレジットカードではチャージできない?メルペイのチャージ方法を解説

ではいよいよ、クレジットカードに代わって「あと払い」ができる便利な「メルペイスマート払い」について解説していきます。

「メルペイスマート払い」とは

メルペイスマート払いは、メルペイでお買い物をした代金を翌月にまとめて支払いができるサービスです。そのため手元に現金やメルペイ残高がなくても、お買い物を楽しむことができます。

支払い日は、お買い物をした翌月1日~末日までの都合の良い日に支払うことが可能です。支払い方法は「メルペイ残高にチャージして支払う」、「コンビニまたはATMから現金で支払う」の2つの方法があります。メルペイ残高から支払う場合は手数料無料ですが、コンビニまたはATMから現金で支払う場合は、金額によって220円~880円の清算手数料が掛かります。

メルペイスマート払いの特徴は下記の通りです。

  • 18才未満は利用ができない
  • 利用限度額は、メルカリの利用実績やメルペイの利用状況により異なる
  • 利用上限額の設定ができるため、使い過ぎを予防できる
  • 友達招待やキャンペーンで獲得したポイントも支払いに利用できる
  • 支払いが遅れると利用できなくなる

メルペイスマート払いは、18才以上の方から利用可能です。

利用上限額は、18才~19才は5万円、20才以上は30万円となっていますが、メルカリの取引実績やメルペイの利用状況などによって金額は異なります。

また利用上限額は定期的に見直されており、予告なく変動することがあります。

毎月の利用額を個人で設定する機能があるため、使い過ぎが心配な人はぜひ活用しましょう。

メルペイは支払い期日を過ぎると、清算を完了するまで利用ができなくなります。さらには、延滞手数料が掛かる場合があるため注意が必要です。延滞手数料は、年率14.6%を日割りした計算の金額となります。

以下は、10,000円を30日延滞した場合の例となります。。

10,000円×14.6%×30(日)÷365(日)=120円(遅延損害金)となり、支払いは10,120円となります。

延滞が続くと、電話や書面での清算案内が届くこともありますので、くれぐれも支払いもれには注意が必要です。

メルペイスマート払いは、メルペイ残高で支払うと手数料が無料になります。これから解説するメルペイ残高へのチャージ方法をマスターして、メルペイスマート払いをお得に利用してください。

「メルペイ残高」へチャージする方法には、「支払い用銀行口座からチャージ」する方法と「セブン銀行ATMからチャージ」する2つの方法があります。まずは、大前提として「かんたん本人確認」が必要となりますので、登録方法を確認しておきましょう。

かんたん本人確認を登録するには、下記の方法があります。

  • マイナンバーカードを読み取る方法
  • 自撮りで本人確認

マイナンバーカードを読取る方法は審査なしで、最短1分で即時承認されるので、非常に便利です。

自撮りで本人確認は、運転免許証(運転経歴証明書)、マイナンバーカード、在留カード、パスポートのいずれかの証明書と、自身の顔の撮影が必要になります。承認には、数時間から最大5日程度かかる場合があります。

支払い用銀行口座からチャージ

銀行口座を登録しておくと、いつでも気軽にメルペイ残高にチャージすることが可能になります。チャージ手数料は無料で、時間や場所を選ばないため、残高が足りなくなっても安心です。

銀行口座の登録は、メルカリアプリの「メルペイ」、「銀行チャージ」、「銀行口座を登録する」を順にタップしていくと登録手続きを行えます。では、チャージする手順です。

  1. メルカリアプリの「マイページ」をタップ
  2. 「+増やす」をタップ、「銀行・ATMからチャージ」をタップ
  3. 「チャージ方法」と「チャージの金額」を選択する
  4. 「チャージする」をタップ 

チャージ後は取り消しはできないため、金額をよく確認して入力して下さい。

チャージは1,000円から入金が可能です。

セブン銀行ATMからチャージ

セブン銀行ATMから現金でのチャージが可能です。銀行口座がなくてもメルペイ残高へチャージが可能なため、支払い用銀行口座を登録していない人は、こちらの方法でチャージが可能です。また、セブン銀行の口座も必要ありません。

メルカリアプリの操作手順は次の通りです。

「マイページ」→「+増やす」→「銀行・ATMからチャージ」→「チャージ方法」→「セブン銀行ATM」→「チャージする」→「QRコードを読み取る」

次にカメラのアクセスを許可してください。

セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択するとQRコードが表示されますので、スマートフォンで読み取ります。

スマートフォンに表示された企業番号を、ATMの画面へ入力しチャージする現金を投入します。

チャージが完了すれば、アプリ内の通知によりその旨がお知らせされます。

セブン銀行ATMでのチャージは手数料は無料です。

チャージは1,000円から入金が可能ですが、硬貨での入金はできません。

クレジット未対応以外に知っておきたいメルペイの注意点

  • メルペイ加盟店以外でのお買い物ができない
  • 入金によるポイント還元がない
  • 残高が足りなくなるたびに、入金する手間が掛かる

メルペイは、メルペイ加盟店以外でのお買い物ができませんが、メルカリでのお買い物はもちろん、コンビニや飲食店、ドラッグストアなどのさまざまなお店や、ネットショッピングなど174万か所以上で利用することが可能です。

入金によるポイント還元などのサービスは期待できませんが、お得なクーポンやキャンペーンが定期的に開催されています。過去には、最大50%還元キャンペーンなども行われています。

メルペイにはオートチャージ機能がありません。都度チャージする手間が掛かりますので、メルペイスマート払いなどを上手に活用して下さい。

まとめ

メルペイは、メルカリを通じて利用できる便利なスマートフォン決済サービスです。「メルペイスマート払い」はクレジットカードの登録が不要で、手元に現金やメルペイ残高がない状況でも安心して買い物を楽しむことができます。お支払いは、翌月の末日までのお好きなタイミングでOKです。さらに利用上限額の設定により使い過ぎを予防することも可能です。

その他にも、友達招待やキャンペーンで獲得したポイントを支払いに利用することもできます。ただし、支払いが遅れると利用できなくなるほか、延滞手数料が掛かる場合もあるため、その点は注意が必要です。支払いはメルペイ残高から行うこともでき、その場合は手数料が無料になるというメリットがあります。メリット、デメリットがありますので、しっかり確認のうえ、賢く利用してください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、3万円をクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次