メルペイのスマートマネーとは?申込できる人から審査基準まで徹底解説!

メルペイのスマートマネーとは?申込できる人から審査基準まで徹底解説!

メルペイのスマートマネーとは、メルカリアプリでお金を借りることができるサービスです。

申し込みから返済まで、すべてアプリで完結するのがとても魅力的です。

メルペイスマートマネーは独自の審査方法も採用しており、メルカリやメルペイの利用実績に応じて、審査や金利などで優遇処置を受けることができます。

この記事では申し込みから、審査基準、そして優遇処置を受ける方法まで、詳しく解説していきますので、少しでも気になっている人はぜひチェックして下さい。

目次

メルペイのスマートマネーとは?

メルペイのスマートマネーは、株式会社メルペイが運営する少額融資サービスです。「メルペイスマート払い」は、ショッピングの利用代金を後払いにできるサービスでしたが、「メルペイスマートマネー」は実際に現金を借りることができるサービスです。貸付上限が1,000円から20万円のため、大きな資金を借りることができませんが、

「少しだけお金を借りたい、だけどカードローンはちょっと…」など不安がある人などにもおすすめできるサービスです。

ここからは、基本的な概要や特徴などをわかりやすく解説していきます。

証書貸付型での貸付方法

メルペイの貸付方法は、証書貸付型となっています。証書貸付とはお金を借りるたびに契約書を作成する方法で、基本的には完済するまでは借りられません。更にお金を借りたい場合は、都度審査を受ける必要があります。

大手消費者金融などは極度貸付を採用しており、利用限度額内で自由にお金を借りることができます。利便性は高いですが、範囲内で繰り返しお金を借りることが可能なため注意が必要です。

メルペイの貸付金額は1,000円〜20万円までと少額です。借り過ぎる心配がある人や、計画的に返済したい人は、証書貸付型のメルペイスマートマネーの利用をおすすめします。

借りたお金は残高にチャージされる

メルペイで借りたお金は、メルペイ残高にチャージ(入金)される仕組みになっており、銀行口座に現金が入金されるわけではありません。

メルペイ残高は、メルカリでのお買い物はもちろん、メルペイスマート払いの支払い、メルペイに加盟しているお店で利用することができます。

メルペイ残高を現金にして受け取りたい場合は「振込申請」をする必要があります。振込手数料は一律200円となり、金額や金融機関とは関係なく、申請の都度発生します。

返済方法は自動引き落とし

メルペイスマートマネーは自動引き落としで返済することができます。返済金額はいつでも変更することができ、メルカリの売上金、友達招待やキャンペーンなどのポイントも返済に利用することができるのが特徴です。

引き落とし日は、6日、11日、16日、21日、26日のいずれかの日を指定して返済します。

アプリ内の残高やポイントを優先して返済に利用したい場合は設定が必要です。引き落としの際に残高やポイントが不足している場合は、指定する銀行口座より(自動的にチャージされ)返済されます。

ただしポイントには有効期限がありますので、返済に利用する際には注意が必要です。

メルペイスマートマネーの基本情報をチェック

貸付金額1,000円~20万円
利用条件・20歳以上70歳以下の方・本人確認と引き落とし用の銀行口座を登録済みであること・メルペイスマートマネーを審査に通過していること
申込方法メルカリアプリより
貸付方法証書貸付方式にて貸付
利用方法・メルペイ残高へ入金・メルカリアプリ内の支払い、メルペイ加盟店で利用可能・銀行口座への出金も可
返済方法・元利均等返済・銀行口座からの自動引落し・メルカリの売上金、メルペイ残高、ポイントも可
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%(実質年率)
会社名株式会社メルペイ
登録番号東京都知事 (1) 第31825号

運営会社は株式会社メルペイで貸金業者として、東京都知事の許認可を得ており、日本貸金業協会にも加入しています。返済を滞らせるなどすると信用情報に影響が出る可能性があります。

金利は3.0%〜15.0%となっており、消費者金融より低めとなっています。

メルペイスマートマネーで初めて借り入れする方を対象に、利息3ヵ月分が実質無料になるキャンペーンを不定期で行っています。借入を検討している人は、キャンペーンが行われているかチェックしてみて下さい。

メルペイスマートマネーを申込できる人

メルペイスマートマネーは、20才~70才までの方が申込できます。満20才未満または71才以上の方、メルカリの利用が制限されている人は申込できません。

申込の前に、「かんたん本人確認」と「お支払い用銀行口座」を登録しておく必要があります。かんたん本人確認は、スマートフォンでマイナンバーカードを読取る方法と、ご自身の顔と本人確認書類をスマートフォンで撮影する方法があります。なお本人確認書類には、マイナンバーカード以外に免許証、在留カード、パスポートの利用が可能です。お支払い用銀行口座の登録はかんたん本人確認が完了していないと、登録できません。

銀行口座登録では、氏名や生年月日が口座名義人と一致している必要があります。婚姻などで変化があった場合は注意が必要です。

メルペイスマートマネーの審査基準を解説

他社の審査と同様に収入や他社での利用状況が調査されます。それに加え、メルカリやメルペイの利用実績をもとにAIによる独自の審査が行われます。そのため審査に不安がある人でも、利用実績がある場合は優遇される可能性があります。利用実績は、取引の件数や評価などが重要ポイントとなります。売る場合も、買う場合も評価の対象となり、キャンセルなどをすると悪影響がありますので注意しましょう。

このことから、メルペイスマートマネーの利用を検討している人は、メルカリやメルペイをたくさん利用して実績と信頼を積み上げることが大切です。審査は通常1~2日で、申込状況によってはそれ以上かかる場合があります。

メルペイのスマートマネーの申し込み方法

メルペイスマートマネーは、申込前に「かんたん本人確認」と「支払い用銀行口座」を登録する必要があります。

なお本人確認を完了しないと、支払い用銀行口座の登録はできません。

タブレット端末からはかんたん本人確認はできませんので、注意が必要です。

申し込み方法は、アプリにあるマイページから「メルペイスマートマネー」の画面を選択して申し込む方法と、返済シミュレーションの画面から申込む方法があります。

勤務先に在籍確認の連絡はしていませんので、職場に知られる心配はありません。信用情報をもとに審査されますので、申込の際は正確な情報を入力しましょう。

まとめ

メルペイスマートマネーの申込から審査方法まで解説していきました。メルペイスマートマネーはアプリ内で申込から返済まで完了する便利なサービスです。

メルカリやメルペイを利用している人は、審査や金利の優遇処置を受けられる可能性があります。今後メルペイスマートマネーの利用を検討している人は、メルカリやメルペイを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

貸付上限は20万円までとなっており少額なため、借り過ぎる心配のある人には向いています。

即日借入ができるカードローンとは違い、申込から借入金がチャージされるまで、早くても1日〜2日、数日掛かる場合がありますが、緊急の場合以外は、返済プランをよく検討したうえで利用しましょう。

メルカリのアプリ内では、返済シミュレーションを受けることができますので、無理のない範囲で上手に利用して下さい。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、90万円をクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次