メルペイの本人確認とは?本人確認の必要性などを詳しく解説

メルペイでは、サービスを安心・安全に利用できるよう、2020年9月から本人確認の強化を実施しています。

しかし、本人確認をしなくてもメルカリやメルペイのサービスを利用することができるため、本人確認をすべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はメルペイの本人確認の必要性や、登録の手順について解説します。

目次

メルペイの本人確認とは? 

メルペイの本人確認とは、「アプリでかんたん本人確認」のことを示しています。

これは、免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類と自分の顔をスマホで撮影し、提出する方法です。画面に表示される指示に従って進めていくだけなので、平均5分程度で終わります。

手続きは全てアプリ内で完結できるため、書類を揃えて郵送する手間がかからないのも魅力です。

メルペイの本人確認は必要?しない場合と比較

本人確認をしなくてもメルカリやメルペイのサービスは利用することができます。

そのため、必ずしなければならないというわけではありません。

しかし、本人確認が済んでいないと、一部利用できない機能もあります。全ての機能を制限なく活用するためには、本人確認が必要となります。

ここからは、本人確認をした場合としていない場合の違いを比較してみました。

メルカリの売り上げ有効期限

メルカリの売上金には、180日間の振込申請期限があります。この期間をすぎてしまうと、せっかくの売上金が失効してしまうリスクがあります。

しかし、アプリで本人確認が完了していれば売上の有効期限がなくなります。

期限を気にせず、いつでも売上金を引き出せるのは大きなメリットだと言えます。

メルカリの売り上げ金の利用方法

メルカリで本人確認の手続きをすると、売上金がメルペイに「残高」として自動でチャージされるようになります。

チャージされた「残高」は、メルカリでの買い物やメルペイに対応した街のお店で使うことができます。

本人確認が済んでいないと、いったん売上金でメルペイポイントを購入してから買い物に使用しなければなりませんでしたが、その手間がなくなるため非常に便利です。

メルカリの使用頻度が高い人には大きなメリットになります。

キャンペーンポイントの還元率

メルカリでは、定期的にお得なキャンペーンを開催しています。

過去にはメルペイ決済で商品を購入すると、支払い金額の50%還元される「日本全国まるっと半額還元!キャンペーン」や、友達を招待したり、メルカリで出品するとポイントが還元される「メルカリメガフェス」などが実施されています。

このようなキャンペーンの中には、本人確認を行っていないと参加できないものもあります。

今後もメルカリではお得なキャンペーンが開催していくと考えられるため、還元されるポイントは積み重なると意外に大きな額になるはずです。

せっかくメルカリを利用しているなら、お得に利用するためにも本人確認しておくのがおすすめです。

銀行口座登録によるメルペイの本人確認はできるのか

これまでは支払い用の銀行口座を登録することで本人確認の代わりになっていましたが、現在では「アプリでかんたん本人確認」での申請が必要です。

そのため、過去に支払い用の銀行口座を登録している人も、「アプリでかんたん本人確認」が必要な対象となります。

また、新規で支払い用の銀行口座を登録する際も、「アプリでかんたん本人確認」が済んでいることが条件となります。

「アプリでかんたん本人確認」を利用してメルペイの確認手順

「アプリでかんたん本人確認」は、アプリから簡単に本人確認の手続きができるシステムです。

アプリ内で全ての手続きが完結できるので、約5分あれば登録できます。

ここからは、「アプリでかんたん本人確認」の手順について、スマホで本人確認書類の撮影や自分の顔を自撮り撮影して本人確認をする方法と、マイナンバーカードをスマートフォンで読み取って申請する方法についてそれぞれ詳しく紹介します。

【本人確認書類と自分の顔を自撮り撮影をする方法】「アプリでかんたん本人確認」の手順

  1. メルカリアプリを起動し、下記の順で申込ページを表示させる

マイページ⇒設定⇒個人情報設定⇒本人情報⇒本人確認⇒同意して撮影を開始する

  1. 「他書類で本人確認」をタップし、使用する本人確認書類を選択する
  2. 画面に表示される指示にそって、スマホで本人確認書類の撮影をする
  3. 同様に、自分の顔を画面の指示に従って撮影する
  4. 本人情報入力画面に、必要な情報を入力する
  5. 4桁のパスコードを設定する

「アプリでかんたん本人確認」の手順は上記の通りです。

3.4で行う本人確認書類の撮影や、自分の顔を画面の指示に沿って撮影する自撮りの代わりに、マイナンバーカードをスマートフォンで読み取って申請する方法もあります。

【マイナンバーカードで本人確認する方法】「アプリでかんたん本人確認」の手順

  1. メルカリアプリを起動し、下記の順で申込ページを表示させる

マイページ⇒設定⇒個人情報設定⇒本人情報⇒本人確認⇒同意して撮影を開始する

  1. 「スピード本人確認」をタップし、マイナンバーカードを選択する
  2. 市区町村の受付窓口で設定した 、署名用電子証明書のパスワードを入力する
  3. マイナンバーカードにスマートフォンをかざし、読み取る
  4. 本人情報入力画面に、必要な情報を入力する
  5. 4桁のパスコードを設定する

上記のようにマイナンバーカードを利用して本人確認を行うことで、自分の顔を撮影するなどしなくて済みます。

すでに、マイナンバーカードを取得済みの方はこちらの方法による本人確認がお勧めです。

メルペイの本人確認に関するよくある質問

メルカリやメルペイを安全かつ便利に使うためには、本人確認をしておくのが安心です。

ここからは、そんなメルペイの本人確認について、よくある質問にお答えします。

メルペイの本人確認は危険という情報をネットで見かけますが大丈夫ですか?

サービスに個人情報を登録する以上、何らかのきっかけでその情報が漏洩してしまう危険性がゼロではありません。

実際にメルカリでは、過去に2度個人情報が流出したことが発表されています。

しかしこういった問題を機に、メルカリではセキュリティー体制をさらに強化するようになったと考えられます。実際に情報セキュリティの管理体制については公式サイトでも危険性がないことが詳しく説明されています。

メルペイは本人確認しなくてもチャージできますか?

メルペイのチャージ機能を利用するためには、「アプリでかんたん本人確認」の実施が必要です。

本人確認が済んでいない場合、売上金がなくなるとチャージする方法がないため、メルペイが使えなくなってしまいます。

メルペイの本人確認は保険証でもできますか?

保険証ではできません。

本人確認書類に利用できるのは、「運転免許証」 「運転経歴証明書」「在留カード」 「マイナンバーカード」 「パスポート」 の5種類となっています。

まとめ

メルペイの本人確認は、悪意のある第三者による不正利用などから利用者を守るために役立ちます。

そのため、より安全に利用するためにも本人確認をする必要性は非常に高いです。

本人確認をしていなくても、サービスの利用は可能ですが、一部の機能が制限されてしまいます。

本人確認はスマホアプリで全て完結できるため、登録の手間もほとんどありません。

全ての機能を活用し、お得に利用するためには本人確認をしてから利用するのがおすすめです。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、アトネ後払いの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる