メルペイスマート払いが残高あるのに使えない原因8選!知恵袋の声も紹介

メルペイスマート払いが残高あるのに使えない原因8選!知恵袋の声も紹介

メルペイスマート払いの残高あるのに使えない!こんな経験ありませんか?

メルペイスマート払いが使えるつもりで買い物したのに、いざ使えないとなると困ってしまいますよね。

今回はメルペイスマート払いが残高あるのに使えない8つの原因について解説していきます。

本記事を最後まで読めば、なぜメルペイスマート払いが残高あるのに使えないのか、その原因を突き止めるヒントが得られるでしょう。

目次

メルペイスマート払いが残高あるのに使えない原因8選

メルペイスマート払いが残高あるのに使えない場合、以下の8つの原因が考えられます。

  1. メルペイスマート払いの設定や本人確認が終わっていない
  2. 「あんしん支払い設定」で支払い上限がゼロになっている
  3. メルペイスマート払いの利用料金を滞納している
  4. メルペイスマート払いの利用限度額以上の買い物をしている
  5. ギフトカード・金券・商など券換金性の高い商品を購入した
  6. メルペイやiDコード決済に対応していないコンビ二などで買い物した
  7. メルカリアプリが最新バージョンになっていない
  8. 一時的にエラーが起きて支払えなくなっている

それぞれの原因について、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

メルペイスマート払いの設定や本人確認が終わっていない

メルペイスマート払いを使うためには、メルカリアプリから利用するための設定をしなければなりません。

またメルペイスマート払いを使って、1か月で10万円以上の買い物をしたいのであれば「アプリでかんたん本人確認」を完了する必要があります。

ご自身がメルペイスマート払いの設定や本人確認を終わらせているか、今一度確認してください。

「あんしん支払い設定」で支払い上限がゼロになっている

あんしん支払い設定で支払い上限がゼロになっていると、メルペイスマート払いは残高があっても使えません。

あんしん支払い設定とは、決済の上限額を設定する機能のことです。

あんしん支払い設定は自分で行えますが、以下のような場合には自動で上限額が設定されます。

  • 端末を変更した時
  • 他端末からのログイン時
  • 新規ログイン時
  • アプリを再ダウンロードした後のログイン時

あんしん支払い設定を確認して、上限額がゼロになっていないか確認しましょう。

メルペイスマート払いの利用料金を滞納している

メルペイスマート払いの利用料金を滞納すると、残高がある・ないに関わらず、滞納金を払うまではメルペイスマート払い自体が利用できなくなります。

利用料金を滞納している人は、できるだけ早く払うようにしてください。

メルペイスマート払いの利用限度額以上の買い物をしている

メルペイスマート払いには利用限度額があります。

利用限度額より高い金額の買い物をしようとすると、残高があってもメルペイスマート払いは使えません。

メルペイ側が設定した利用限度額以内であれば自由に限度額を設定できるので、一度ご自身の利用限度額がいくらなのか確認してください。

ギフトカード・金券・商品券など券換金性の高い商品を購入した

ギフトカード・金券・商品券など換金性の高い商品は、メルペイスマート払いの残高があっても使えません。

なぜなら、メルカリで定められている「その他、不適切と判断される行為(禁止されている行為)」の中の「どのようなものが違反になりますか?」という項目に、以下のような記載がされているからです。

換金性の高い商品の購入(ギフトカード、金券、商品券)など、専ら与信枠の現金化を目的とすることが疑われる行為・取引を行うこと。

ギフトカード・金券・商品券など換金性の高い商品を購入し違反行為と判断されると、メルペイスマート払い自体が使えなくなる可能性もあるので注意してください。

メルペイやiDコード決済に対応していないコンビ二などで買い物した

メルペイやiDコード決済に対応していないコンビニなどのお店では、メルペイスマート払いが利用できません。

レジの横や店舗入り口に「メルペイ」や「iD」の表記があればメルペイスマート払いが使えるので、事前に確認しましょう。

メルカリアプリが最新バージョンになっていない

メルカリアプリが最新バージョンになっていないと、残高があってもメルペイスマート払いが使えないケースがあります。

メルカリアプリはこまめにアップデートして、常に最新バージョンになっているようにしてください。

一時的にエラーが起きて支払えなくなっている

以下のような場合に一時的なエラーが発生し、残高があってもメルペイスマート払いが使えないことがあります。

  • メルカリ側のエラー
  • スマートフォンの不具合
  • Wi-Fiの不具合

もし「エラーが発生しました」などの表示がされたら、時間を置いてから再度決済してみる・スマートフォンを再起動する・別のWi-Fiに接続するなどを試してみましょう。

メルペイスマート払いが残高あるのに使えない人達の知恵袋の声を紹介

ここではYahoo!知恵袋に投稿された、メルペイスマート払いが残高あるのに使えない人達の投稿を紹介します。

①メルペイスマート払いが使えないです。支払おうとするとメルペイスマート払いの限度額が超えていますと出て支払いができません。限度額は8万円で今月は何も買ってないです。

限度額が8万円で今月は何も買っていないのに、メルペイスマート払いが使えないのは不思議ですね。

もし3月に限度額分を全て使い切っているのであれば、3月分の利用料金を支払わなければメルペイスマート払いは使えないので確認してください。

②メルペイスマート払いなどの残高はありますが、先月に支払う分の現状支払い遅れ状態で利用制限がかかっていますが、支払いをすぐにした場合に制限解除までにどれぐらいかかりますか?

利用料金の滞納・支払い遅れは、できるだけ早く支払って解消するべきです。利用制限に関しては、支払い後すぐに解除される可能性もありますが、解除までに時間がかかることも考えられます。

③メルペイスマート払いが出来ませんでした。残高はあるのに。なぜ、急に使えなくなったのかわかりません。滞納など一度もした事ないのに。教えて下さい。同じ方いたら、どうすればいいか教えて下さい。

本記事でも紹介してきましたが、メルペイスマート払いが残高あるのに使えない原因はさまざまです。

心当たりがないのであれば、一度メルカリ事務局に問い合わせることをおすすめします。

メルカリ残高を期限切れで失効させないための方法3選

メルカリに用品を出品して得た売上金は、本人確認を行うと表示が「残高」に変わります。

売上金は使わずに180日経過すると失効してしまうので注意。

今回はメルカリ残高になる売上金を期限切れで失効させないための3つの方法を紹介します。

本人確認をして売上金が自動的にメルペイ残高に移動するようにしよう

メルカリでは、メルカリやメルペイをより安心して使うために「アプリでかんたん本人確認」を実施しています。

アプリでかんたん本人確認を行うと、メルカリに出品して得た売上金は自動でメルカリ残高に移行されます。

売上金は180日で失効してしまいますがメルカリ残高には有効期限がないので、アプリでかんたん本人確認は早めに終わらせることをおすすめします。

売上金でメルカリポイントを購入する

売上金を使ってメルカリポイントが購入できます。

メルカリポイントの有効期限は365日あるので、有効期限が180日の売上金よりかはメルカリポイントのほうが失効しづらいと言えます。

購入したメルカリポイントはメルカリでのお買い物や、メルペイが使えるお店での買い物で使えます。

売上金を振込申請して出金し現金化する

メルカリの売上金は、振込申請すると支払い用に登録した銀行口座に出金され現金化できます。

売上金の振込申請はメルカリアプリもしくはWebサイトで行います。

しかし、アプリでかんたん本人確認またはお支払い用銀行口座の登録が完了している場合は、メルカリアプリからのみ振込申請ができます。

原因を突き止めてメルペイ残高でメルペイスマート払いの支払いをしよう!

メルペイスマート払いの残高があるのに使えない原因として、一時的なエラーやメルカリ側が設定した利用限度額が関係していると対処のしようがありません。

しかしメルペイスマート払いの残高があるのに使えない原因には、利用料金の滞納や設定ミスなど、自分で対処すれば解決できるものも多いです。

メルペイスマート払いの残高があるのに使えない原因を突き止め、便利なメルペイスマート払いを活用しましょう!

どうしても原因が分からない場合は、メルカリ事務局に問い合わせてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、VISAカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次