メルペイは現金併用できる?利用方法から注意点までを解説

メルペイは現金併用できる?利用方法から注意点までを解説

メルペイとはフリマアプリのメルカリが運営する決済サービスです。

メルカリで商品を出品していて売上金がある方にはおすすめのスマホ決済サービスです。

メルペイにはNTTドコモの電子マネーであるID決済とQRコードやバーコードのコード決済の2種類の支払い方法があります。

基本的にはメルペイ残高やポイントを利用して買い物を行うサービスですが、メルペイ残高やポイントが足りないときには店舗によって現金併用が可能な店舗があります。

しかし、コード決済の場合は現金の併用ができないので注意が必要です。

ID決済の場合のみ現金との併用が可能です。

今回は現金併用が可能な店舗や利用方法、メリットや注意点を紹介します。

目次

メルペイの現金併用が出来る店舗一覧

  1. コンビニ
  2. ドラッグストア
  3. 飲食店
  4. アップルストア
  5. 家電量販店

メルペイで現金の併用ができる店舗を紹介します。

メルペイの現金併用が可能なお店は今述べた通りですが店舗によって異なる場合があるので、事前に確認しておくことをお勧めします。

ネットで調べてもわからない場合は直接店舗の問い合わせてみるといいでしょう。

コンビニコンビニではローソンやファミリーマート、セブンイレブンなど
ドラッグストアドラッグストアでは、ダイコクドラッグやスギ薬局、ツルハドラッグなど
飲食店飲食店ではかっぱ寿司、牛角、ガストなど
アップルストアアップルストア
家電量販店ビックカメラ、ヨドバシカメラなど

メルペイを現金併用で利用するメリット

  1. 残高不足でも買い物可能
  2. ポイントを使い切ることができる

メルペイを現金併用するうえでのメリットを紹介します。

1.残高不足でも買い物可能

メルペイで購入しようとして、残高が足りなかったとき残りの差額を現金で支払うことができるので便利です。

しかし、店舗や商品によっては現金併用ができない場合もあるので事前に店員さんに尋ねてみたりしてしらべておくといいでしょう。

2.ポイントを使い切ることができる

ポイントがたまっているけれど、購入したい商品をポイント分だけでは購入できない場合などに現金併用ができるとすごく助かります。

ポイントを使い切ることもできるので便利です。

メルペイを現金併用で利用する流れ

  1. メルペイの残高金を定員さんに伝える
  2. ID決済をする
  3. 差額を現金で支払う

メルペイを現金併用で利用する流れを説明します。

現金を併用したい場合は必ず、定員さんにメルペイの残高金と支払い方法(メルペイID決済)、金額を事前に伝える必要があります。

また、支払う方法はメルペイのID決済で先に支払い差額を現金で支払う方法と、現金で先に支払い残りの差額をメルペイのID決済で支払う方法があります。

しかし、アップルストアで現金の併用払いをする際は、先にアップルペイで払い残りを現金払いにすることはできないので注意が必要です。

1.メルペイの残高金を定員さんに伝える

メルペイの残高がいくら分あるのかを定員さんに伝えます。

その後、残高から先に支払って残りを現金で支払う旨も伝えましょう。

2.ID決済をする

メルペイに残っている分の金額をID決済で先に支払います。

メルペイコード決済では現金併用で利用できないので注意しましょう。

3.差額を現金で支払う

ID決済で支払った分の残りの金額を現金で支払って決済完了です。

先に現金で支払う場合はその旨を伝え、残りの差額をID決済で支払います。

どちらの順番でも問題なく支払いできます。

メルペイの現金併用が使えないケース

  1. 上限額にひっかかっている場合
  2. 利用制限がかかっている場合
  3. 対象外の商品がはいっている場合
  4. スマートフォンの不具合
  5. メルペイコード決済を使用している場合
  6. 暗証番号が必要な場合

メルペイで現金併用が使えない場合について紹介します。

1.上限額にひっかかっている場合

メルペイのID決済は上限額があります。

銀行口座を登録している場合、1日1回あたりの上限は100万円です。

銀行口座を登録していない場合、1日1回あたりの上限は10万円です。

これはメルペイ公式で決められている金額で店舗によって上限金額を定められている場合もあるので注意しましょう。

上限額を超えての利用はできないので事前に確認しておきましょう。

2.利用制限がかかっている場合

メルペイスマート払い(後払い)を利用している人は、未払いなどの支払いが進んでいない場合に利用制限がかかることがあります。

こういったトラブルを防ぐために期限内に精算するようにしましょう。

3.対象外の商品が入っている場合

店舗によっては全ての商品がメルペイ対象商品ではなく、一部対象外の商品がいくつかある場合があります。

はがきや切手、チケット類などの換金性が高いものや、請求書支払いなどにはメルペイは使用できません。

事前にどんな商品に使えるか使えないのかをチェックしておきましょう。

4.スマートフォンの不具合

メルペイ対応可能な店舗で、利用できる商品にもかかわらずメルペイで支払いができないときは、スマートフォンの不具合やアプリ更新がされていない可能性があります。

ID決済でスマートフォンをかざしたときに、読み取れない場合は画面の傷などがないかを確認してみましょう。

また、定期的にアプリをアップデートしておく必要があります。

5.メルペイコード決済を使用している場合

メルペイにはID決済とコード決済の2種類があります。

しかし現金併用ができるのはID決済のみとなります。

コード決済では併用できないので間違いないように注意が必要です。

6.暗証番号が必要な場合

高額な商品を購入して支払う場合は、暗証番号を求められることがあります。

この暗証番号とはメルペイのパスコードとは異なり、「電子マネー用暗証番号」です。設定方法は、メルペイ設定の電子マネー(ID)の項目から設定することができます。

設定した際は忘れないようにメモを控えておきましょう。

まとめ

今回はメルペイの現金併用ができるのかについて紹介しました。

上記で述べた通り、できるお店もありますが、現段階では利用できないお店の方が多いようです。

メルペイの現金併用をする際のメリットは

  1. 残高不足でも買い物可能
  2. ポイントを使い切ることができる

の2つがあります。

また、メルペイの現金併用が可能な店舗でも利用できないケースは

  1. 上限額に引っかかっている場合
  2. 利用制限がかかっている場合
  3. 対象外の商品が入っている場合
  4. スマートフォンの不具合
  5. メルペイコード決済を使用している場合
  6. 暗証番号が必要な場合

の6つあります。利用できない場合はこの6つを確認してみましょう。

メルペイで現金併用ができる店はいくつかあるものの店舗によって異なります。

現金だけでなくクレジットカードでも併用可能なところもあります。

併用可能かを調べる方法としては定員さんに尋ねるのが一番良い方法でしょう。

現金併用できなかった場合はメルペイ後払いがおすすめです。

メルペイ後払いは翌月に前月の利用分をまとめて好きなタイミングで支払えるサービスです。

そのため、残高不足によって買い物ができないなどの心配もなくなります。

また、メルペイでのポイントを使い切りたいけど、現金と併用払いができるお店に買いたい商品がない方は、Suicaにチャージして使い切る方法もおすすめです。

Suicaにメルペイのポイントをチャージする方法は、スマホのWalletアプリ内で設定できます。

アプリ内のSuicaカードをタップし、チャージを選択した後メルペイに残っているポイント分をチャージすれば使い切ることができます。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、メルペイ後払いの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次