メルペイスマートマネーの審査基準は?基本情報や利用方法などを解説

メルペイスマートマネーの審査基準は?基本情報や利用方法などを解説

メルカリでお金を借りることのできる「メルペイスマートマネー」は、メルペイアプリ内で手続きが完了し、手軽に利用できるサービスです。

いざ申し込みをする際に、自分は審査に落ちてしまうのでは……と不安を抱えていませんか?

そこで、今回はメルペイスマートマネーの審査基準について解説します。

なお、メルペイスマートマネーは不定期に新規申し込みを休止することがありますのでご注意ください。

目次

メルペイスマートマネーの審査基準は?

メルペイスマートマネーの審査基準は、残念ながら公開されていません。

しかし、口コミやメルカリガイドなどから、以下の項目は必ず審査の際に見られる項目であるといえます。

  • 収入 
  • 信用情報(借金の有無・借金の額、今までの返済状況など) 
  • メルカリの取引実績
  • 本人確認済であるか
  • 口座登録済であるか
  • 年齢は満20歳未満、または71歳以上でないか

他のローンサービスと大きく違う点は「メルカリの取引実績を見られる」という点です。

収入や信用情報に加えて、メルカリで普段行っているやりとりや発送・支払いの期日が守れているかなども見られているため、普段から正しくメルカリを利用しているユーザーは審査に通りやすいようです。

メルペイスマートマネーの審査では、在籍確認や保証人が不要であるため、比較的敷居が低いローンサービスであるといえます。

【基本情報】メルペイスマートマネーとはどんなサービス?

そもそも「メルペイスマートマネー」とは、株式会社メルペイが提供しているローンサービスのことです。

メルカリアプリ一つで1,000円~20万円までのお金を借りることができ、利用するためには申し込みをして審査に通る必要があります。

ただし、この借入金額は自分で決めることができず、メルカリの販売実績など、独自の基準によってメルペイ側が決めます。

利率は3%~15%と幅があり、これも独自の基準によって変わります。

一般的なローン会社の上限は18%くらいですので、メルペイスマートマネーは他社よりも低金利であるといえます。

そして、お金を借りる前にシミュレーションができたり、毎月の返済金額を自分で設定できるのも特徴で、自分の収入に合わせて計画的にお金を借り入れることができます。

ただし、支払いを延滞するとペナルティを受けたり、信用情報に瑕がついてしまうため、慎重に利用しましょう。

メルペイスマートマネーの申し込み方法

メルペイスマートマネーの申し込みの手順は以下の通りです。

  1. 「アプリでかんたん本人確認」で「マイナンバーカード」または「顔写真と本人確認書類」を登録する
  2. 引き落とし用の銀行口座を登録する
  3. 「マイページ>メルペイスマートマネー」と進み、必要事項を記入し、契約内容に同意し、借り入れを申し込む

申し込みが完了すると、画面に「ただいま審査中」と表示されます。早い人だとすぐに結果が出るケースもあるようですが、たいていは結果が出るまでに1~2日かかります。

365日いつでも申し込みができるので、焦らず確実に必要事項を記入しましょう。

メルペイスマートマネーの借り入れ・返済方法

メルペイスマートマネーの審査が通ると、直接口座にお金が入金されるのではなく、メルペイ残高にお金が入ります。

そのメルペイ残高は自由に使うことができ、ふだんの買い物やメルペイスマート払いの支払い、振込申請をすれば現金として受け取ることもできます。

しかし、振り込まれるまでには日数がかかるので注意しましょう。また、振込の場合は振込手数料が200円かかるので注意が必要です。

返済をするときは、口座引き落とし、あるいはメルカリの売上金やポイントで返済をすることができます。

口座引き落としは毎月1回、「6日・11日・16日・21日・26日」のなかから選ぶことができるので、自分の給料日に合わせることが可能です。また、返済金額も自分で設定することができるので、無理なく返済を進められます。

メルペイスマートマネーの審査に通りやすくなるコツ

前述した考えられる審査基準に加え、この項目では審査に通りやすくなるコツを紹介します。できることがあれば試してみてくださいね。

  • メルカリの販売実績を増やす、支払い期日や発送期日を守る、誠実な受け答えをする
  • 収入を安定させる・収入を増やす
  • 自分の信用情報を「個人信用情報機関」で確認する
  • 本人確認・銀行口座の登録を済ませておく

メルカリは今までのやり取りや発送の早さ、評価など全てを確認することができるので、良い評価が多かったり、支払いや商品の発送が早いほど有利であるといえます。

一度審査に落ちてしまった、という場合でも、申請は何度でもできますので、いったん時間を置いて再度申請をしてみてください。

メルペイスマートマネーの5つメリット・デメリット

メルペイスマートマネーは、メルカリアプリで簡単に申し込みができる反面、少額しか借りることができないなどのデメリットもあります。

それらを事前に知っておくことで失敗を防ぐことができるので、申し込みをする前に一度読んでおくことをおすすめします。

それぞれ5つずつ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

メルペイスマートマネーの5つのメリット

メルペイスマートマネーの5つのメリットは以下の通りです。

  1. 利率が低い(変動するので注意)
  2. 保証人がいらない・在籍確認がない
  3. 返済額が自分で決められる・シュミュレーションができる
  4. 返済に売上金やポイントを利用できる
  5. メルカリアプリひとつで完結する

誰にも見つからずに無理なくお金を借りたい、という人にメルペイスマートマネーはおすすめです。

なぜなら、申し込みからメルペイ残高にお金が振り込まれるまでがメルカリアプリ一つで完結し、なおかつ在籍確認や保証人が不要であるため、他の人に見つかりにくく、借りられる上限が20万円までであるため、高額になって返済に困る、ということを防げるからです。

返済は売上金やポイントを使うことができるので、メルカリの出品を増やし、モノを売ってお金にすれば、収入を増やすのが難しい昨今でも返済をすることができます。

メルペイスマートマネーの5つのデメリット

メルペイスマートマネーの5つのデメリットは以下の通りです。

  1. 借りられる額が少ない
  2. 返済中に借入金を増やす場合は再審査が必要
  3. 審査結果が出るまでに数日かかる場合がある
  4. 返済が遅れるとペナルティを受けたり、信用情報に瑕がつく
  5. ATMでお金を借り入れることができない

メルペイスマートマネーはすぐにまとまったお金を用意したい人には向いていません。

なぜなら、申し込みから審査が通るまで、審査が通ってから口座にお金が振り込まれるまでには時間がかかり、最高でも20万円までしか借りることができないからです。

また、メルペイスマートマネーを利用すると、その情報が個人信用情報機関に登録されます。もし滞納をすればその情報も登録されてしまいますし、最悪法的措置を取られる恐れもありますので、くれぐれも計画的に利用するようにしましょう。

メルペイスマートマネーの審査に通った人・落ちた人はどんな人?

実際にメルペイスマートマネーの審査に通った人、落ちてしまった人がどんな人なのか、知りたいですよね?

たくさんある口コミの中から審査に通った人・落ちてしまった人の特徴をまとめてみました。

順番に見ていきましょう。

メルペイスマートマネーの審査に通った人の特徴

メルペイスマートマネーの審査に通った人の特徴は以下の通りです。

  • 無職・パート・主婦・学生
  • メルカリの実績が少ない人
  • 自己破産した人・金融ブラック
  • 年金収入がある人
  • 借金がある人

ただし、通ったとはいえ20万円満額が借りられたわけではないようです。

条件が悪い人でも通ったケースが複数あったので、試してみる価値はあります。

メルペイスマートマネーの審査に落ちた人の特徴

メルペイスマートマネーの審査に落ちてしまった人の特徴は以下の通りです。

  • 借金がある人・金融ブラック
  • 無職
  • 個人事業主

メルペイスマートマネーの審査に落ちてしまった人でも、メルカードなど、他のサービスの審査には通った、という口コミもありましたので、何度か申し込みをしてみるか、他のサービスに申し込むのも一つの手です。

メルペイスマートマネーの審査基準は?まとめ

メルペイスマートマネーは、メルカリアプリでお金を借りることができるサービスです。

メルカリが公式に審査基準を公開しているわけではないので、あくまで推測ではありますが、信用情報だけでなく、普段のメルカリの使い方も審査結果に影響するようです。

審査基準や審査に通りやすくなるコツを知ることで、申し込みまでのハードルがぐっと下がるかもしれません。

メルカリスマートマネーの申し込みをする際は、ぜひ参考にしてみてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、バンキットの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次